コメントする

東京都で人気の家族葬

東京都を中心に普及しているのが家族葬です。家族葬は一般的な葬儀よりもアットホームな形式で行われる葬儀で、家族や友人達だけでひっそりと行うのが特徴です。一般葬は100人規模の一般会葬者が参加するのが普通ですが、家族葬の参加者は多くても50人くらいで、10程度の親族だけで行うケースもあります。参加する人が少ないので、自然と葬儀にかかる費用が少なくなり、斎場の利用料や飲食代金などを節約できます。経済的にできるというのも、家族葬が人気になっている理由のひとつです。東京には家族葬を専門に行っている葬儀会社もあります。通夜から告別式まで、親しい人達だけでゆっくりとお別れの時間を過ごせます。家族葬プランを申し込めば、10~20人程度なら35万円ほど、20人~40人なら45万円ほど、40人以上なら50万円~ほどが基本料金としてかかります。

東京で普及している家族葬

家族葬(ファミリー葬)は、沢山ある葬儀スタイルのうちのひとつです。最近東京都では仏式一般葬よりも家族葬のほうが人気があります。家族葬と一口にいっても決まった定義はなく、通夜~告別式の規模を小さくしてパッケージ化したプランのことを、各葬儀社が便宜上、「家族葬プラン」と言っているようです。家族葬プランは30前後の参列者で35万円~50万円ほどかかります。これは基本料金で、その他に通夜ぶるまいで提供するお寿司やオードブル、お酒などの料理代やアルコール代、そして僧侶に支払う読経料(お布施代)が必要になります。家族葬の葬儀にかかる費用をすべて合わせると100万円くらいかかりますが、一般的な葬儀なら200万円近くするのが普通なので、半分の料金で葬儀ができます。安くてコンパクトにできるのが家族葬の特徴です。

東京で行う家族葬を知ろう

人はいつの日にかこの世を去って行きます。人がこの世を去れば、生きている者の役目として葬式をすることでしょう。その葬式ですが、現在は核家族化ということと、高齢化社会になったという点から東京でも多くの世帯が一般葬儀でなく、家族葬を考えています。高齢化となれば、周囲の人とのコミュニケーションも少なくなり、また身内だけで行えば費用も安く済みます。そういうことから、近年は一般葬儀よりも家族葬が増えました。また、東京で行う葬儀屋も最近の需要に対応してこうしたプランを増やしています。現在はまだ若いからといって、後回しにしていてはいけません。こういう物もある物だということを知っておきましょう。知っておくことは、決して悪いことではありません。いつ身内が、ということもあります。知識だけでも取り入れておくことが肝要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*